ラボ型開発Labo Project Development

海外委託のメリットを最大限に活かすラボ型開発
御社専用の開発チームをベトナム弊社内に作成。あたかも御社スタッフのように当社開発チームを指揮することができます。
さらに長期にわたる契約が可能なため(最低6ヵ月)、御社開発の「クセ」にあった作り方を行えます。
また、海外ならではの複雑な労務管理は当社が行います。
さらに現地には御社スタッフが常駐することも可能。長期滞在場所として弊社ゲストルームを提供(オプション)することも可能です。
ラボ型開発の不安点
・国内の開発手法をそのままもっていくことができるのか?
・言語の違いによるコミュニケーションロスはないのか?

海外開発ならではの高コストパフォーマンスを実現

1自社の手法をそのまま活かすチーム制を導入
御社専用チームを用意するので、そこに対しては御社の手法の導入が可能です。
また長期契約(最短6ヵ月)が条件ですので、御社の「クセ」や「独自の語句」など、まるで社内で開発しているかのような体制を作り上げます。
2ブリッジSEに加え、現地日本人ディレクターがサポート
ご要望がある場合、日本語検定N1クラスのブリッジSEに加え、現地日本人ディレクターがサポート。
細かなニュアンスの説明に悩む必要はありません。さらに現地で直接やり取りするためのデスクや長期滞在用のゲストルーム(オプション)も用意しています。

ゲストルーム

長期滞在のお客様のために滞在用ゲストルームもご用意
長期滞在をされるお客様のために、ホー・チミン市内、弊社契約アパートメント内にゲストルームをご用意しています。
24時間有人警備に加え、マンション入り口と部屋の入り口は異なるキーのダブルロック。居室は独立したシャワールーム/トイレおよびベッドルームを用意しています。
また、市中心部からタクシーで10分ほどの有名な建築物のため、タクシーで移動する際も建物名だけでたどり着くことができます。

開発プロセス

1.通常のラボ型開発

お客様は日本国内にいながら、ファブリカベトナムのスタッフを一事業部門のように使用できます。

通常のラボ型開発 通常のラボ型開発

PM=プロジェクトマネージャー/SE=システムエンジニア

2.常駐のラボ型開発

お客様がベトナムに常駐。現地にて直接ファブリカベトナムのスタッフに指示を出していただきます。

常駐のラボ型開発 常駐のラボ型開発

PM=プロジェクトマネージャー/SE=システムエンジニア

開発フロー

開発フロー 開発フロー

料金・プラン例

料金モデル

1人月 15万~

・日本でのお申し込みは株式会社ファブリカコミュニケーションズが窓口となります。
・ブリッジSEご利用の有無、現地ファブリカベトナムゲストハウスご利用の有無などによって料金は異なります。

プラン例

日本でのスマホアプリ開発例(12ヶ月間に合計60人月の開発を行った場合)
人数 単価 期間 費用
開発要員 人数:4名 単価:70万〜/人月 期間:12ヵ月 費用:3,360万円
PM 人数:1名 単価:85万〜/人月 期間:12ヵ月 費用:1,020万円
費用合計 4,380万円
オフショアでのスマホアプリ開発例
人数 単価 期間 費用
開発要員 人数:4名 単価:15万〜/人月 期間:12ヵ月 費用:720万円
ブリッジSE 人数:1名 単価:25万〜/人月 期間:12ヵ月 費用:300万円
費用合計 1,020万円

ベトナムへのオフショア開発・ラボ型開発・システム保守、管理。お客様の要望に応じたシステム開発が可能です。

ファブリカベトナムに相談してみませんか?

お問合わせフォーム

ベトナムオフィス
+84-8-392-55893
東京オフィス
03-5566-7699
名古屋オフィス
052-959-3461

営業時間 日本 10:00-18:00/ベトナム 10:00-19:00 (現地時間8時-17時)