2013.11.27 | Katsunori Ui

悩ましい選択…ベトナムのお土産

土産物屋の店頭

さすがに髭剃りはお土産にならないと思うんだけど…

Xin Chao!
最低気温25℃のホー・チミンから最高気温13℃の名古屋に一時帰国。寒さに震えています…というか、対応する服を持ってなくて、空港から×ニクロに直行。ヒート×ックを購入しました。

最近立て続けに日本からお客様、スタッフ、友人が来越。もちろん昼は仕事を、夜はベトナム料理を満喫していただいたのですが…困ったのがお土産。
ベトナムの土産というと代表的なのは
・コーヒー


あれっ?他にも、あるはず…でも思いつかないくらいお土産の種類が少ない。
いわゆる観光地的な「帽子」「Tシャツ」「キーホルダー」といった定番はもちろんあります。
絵葉書、民芸品(お箸や茶碗、くし)も多数あります。
ヒスイやアメジスト、水晶など「玉」製品もいたる所で見かけます。
意味不明な「紙細工」や「針金細工」や「ペナント」…路上で飽きるほど見かけます。でも…

会社で配るお土産が見つからない!!

って相談をよく受けるんです。
実際、ガイドブックで有名な「ベ×タ×市場」や「タック×デパート」でも、「会社用」ニーズを満たすことはできますが、ちと高い。
ということで、よく案内するのが地元のスーパー。

・カバン持ち込み禁止なので、入口に預けなきゃいけない
・もちろん、ベトナム語しか通じない
・日替わりで陳列棚の商品が変わる
・値段がわからない商品がある
・中身がわからない商品がある
・他人の買い物かごから、勝手に商品を持っていく人がいる

といったことが気にならなければ、価格も安いし、伝統的なお菓子からドライフルーツっぽいものまで、大量に配るには最適な商品が見つかります。
ちなみに、ホー・チミンでは、通常のスーパーの他に「北」(代表都市はハノイ)の食材中心のスーパーもあります。なぜか、こちらはいつ行ってもガラガラ…クセの強いものが欲しい方にはおススメです。